2015年11月27日

スタッフ勉強会 ー耳垢処置についてー

当院では月に1度のペースでスタッフ主体の
勉強会を実施しています。
スタッフに持ち回りで勉強テーマを考えてきてもらい、
みんなに発表する形式で行っています。

物事を学ぶとき、学びたい事柄に関して「他人に教える」という形式をとることで
その人自身により深い知識や理解を身につけることが出来ます。

またスタッフが耳鼻咽喉科をはじめ医療知識を身につけていることは、
医師に変わって患者様へ疾患の説明を行えることになり、
接遇力の向上にも繋がります。

また仕事に関する知識があることで、
仕事をただ体を動かすだけの“作業”から、
「考えながら」行う“興味の対象”へと変化させることができ、
更には“「楽しみ」の対象”へと進化させることができます。

今回担当したスタッフが考えたテーマは
“耳垢について”
というものでした。

スタッフは「こんなテーマでスミマセン〜(^_^;)」
と謙遜していましたが、
みんな何となく考えていた“耳垢処置”に関して
深く掘り下げた素晴らしい発表でした!(^o^)

耳垢は溜まりすぎるとかゆみの原因となってしまったり、
鼓膜が見えず中耳炎の存在が確認できなくなるなどの
問題を起こします。

ただし耳垢はまったく不要なものではなく、
ある程度の耳垢は外耳道の保湿、細菌の増殖抑制、
ホコリなどのゴミから鼓膜を守るなどの働きがあります。

また外耳道は皮膚が薄く、
頻回の耳掃除は外耳道や鼓膜の損傷のリスクに繋がったり、
できたての耳垢はまだ一部が外耳道の皮膚であったりするので
耳掃除のやり過ぎには注意が必要です。

当院では外耳の状態を見て、必要な患者様には
おおむね1、2ヶ月に1度の頻度での耳そうじを
させて頂いております。
また湿性耳垢(いわゆるアメミミ)といって
ご自身での耳掃除が難しいタイプの耳垢の方もいらっしゃいます。

耳垢は“耳垢栓塞”という立派な病名もあり、
耳垢除去のみでのご来院も勿論お受け致しております。
その場合はおよそ2ヶ月に一度のご来院をおすすめしております。

話は逸れてしましましたが、スタッフ勉強会を通じて
益々患者様に喜ばれるクリニックでありたいとスタッフ一同考えておりますので、
有意義な勉強会を今後も継続して参りたいと思います

スタッフ勉強会.jpg


奏の杜耳鼻咽喉科クリニック〜津田沼・船橋・習志野の耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科・睡眠時無呼吸症候群〜
posted by 奏の杜耳鼻咽喉科クリニック at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。